心療内科や精神科を受診できない時にはどうしたらいいのか

サイトメニュー

受診前に手軽に利用できる

医者と看護師

試しに活用してみよう

電話で相談できる心療内科や精神科の存在はまだあまり知られていません。特にこれまでこの手の科にかかったことのない人にとっては予備知識がないことでしょう。それに、初めての受診となると抵抗感が生じてしまうこともあります。誰でも不安に感じてしまうのは決して悪いことではありません。そこでまずは電話での相談をおすすめします。受付時間内であればいつでもかけられるのでとても便利です。ただし、一人で何時間も話してしまうのは他の患者に迷惑をかけてしまうので、話す内容はあらかじめメモをしておきましょう。どんなことで悩んでいるのか、どんな症状が出ているのか話すだけでいろいろとアドバイスしてもらえるのです。また、初めての利用なら電話をかけるだけでも悩んでしまう人もいるかもしれません。既にうつ病を発症している人は知らない人と話すだけでも抵抗感が生じてしまいます。それなら家族などの身近な人にかけてもらうというのもおすすめです。患者当人ではなくても利用できるところが、電話相談のいいところでもあります。家族にうつ病かもしれない人がいるものの、どうしたらいいのか分からないという場合など、かけてみるといいかもしれません。もちろんそれだけで治療ができるわけではありません。治療となれば実際に受診することになります。その点はスタッフからアドバイスされることでしょう。話をするだけでも悩みが解決することがあります。この場合、電話でそれができるのならとても便利です。まずは試しに利用してみることをおすすめします。

誰でも一度や二度、悩みを抱え込んでしまったことはあるでしょう。自力で解決できれば問題ありませんが、多くの人はそのまま悩みが深くなり、しまいには学校や会社に行けなくなってしまうこともあるものです。このような場合には一人では解決できないので、第三者の力を借りてみましょう。もし、心の病気ということになっているのなら、これは素人では解決できません。そこでおすすめなのが心療内科や精神科にかかることです。これらの科は専門の科でもあるので、親身的に悩みを聞いてアドバイスしてくれます。心の病気だと診断されれば、早急に治療を開始することになります。ところが、多くの人は自身では病気だと気づかず、そのままにしていることが少なくありません。病気だと何となく感じていても、心療内科や精神科にかかることが恥ずかしいと感じる人もいます。身近な家族もそんなふうに感じているのなら、誰でもこれらの科に連れて行ってくれません。このままでは問題が解決しないことから、電話での相談を利用してみるというのもいいでしょう。最近は電話での相談を受け付けている心療内科や精神科が増えてきています。ただし、受付時間は決められているのでこの点は守りましょう。24時間いつでも受付可能というのはメールでの相談になります。電話なら対面することがないので気軽に悩みを打ち明けられるという人もいるはずです。まずは試しにかけてみましょう。話をすることで満足できる人もいます。その場で悩みが解決したり、多少は症状が緩和されたりすることもあるので利用しない手はありません。

Copyright© 2019 心療内科や精神科を受診できない時にはどうしたらいいのか All Rights Reserved.