心療内科や精神科を受診できない時にはどうしたらいいのか

サイトメニュー

受診せずに診てもらう方法

通話する女性

利用できるものは利用しよう

最近はうつ病を発症する年齢層が随分と若くなってきています。それだけストレスにさらされる機会が増えてきているからです。学生でも受験や就活などをきっかけに精神的な病を抱えてしまうことがあります。もちろん自身で病気だと気づける人はほとんどいません。身近な人が何となくおかしいと感じ、それでようやく分かることがあります。実際に病気だと診断されるのは専門の病院にかからなければなりません。通常、心療内科や精神科を受診することになります。ところが、これらの科へかかるには費用がかかることもあり、多くの人は躊躇してしまうことでしょう。それに世間の目が気になって気軽に相談には訪れられないという人も少なくありません。自身が心療内科や精神科に通っていることを知人などに知られてしまったら恥ずかしいと感じてしまう人もたくさんいます。そこでおすすめなのが、電話で相談するという方法です。心療内科も精神科も電話を設けているため、まずは問い合わせをしてみましょう。フリーダイヤルを専用で設けてそこにかければ相談できるといったところもあります。これならわざわざ受診しなくてもいいので効率的です。ただし、電話で診断できるというわけではないので、その点は念頭に置いておきましょう。あくまでも症状や悩みを打ち明けられる場の一つとして考えておきます。これをきっかけにして、やはり受診した方がいいという気持ちになる人もいるはずです。電話なら無料なので、まずはここから始めてみましょう。受診することになっても処方される薬によって費用は異なります。

悩みがあり、それによって何らかの症状が出てきてしまっているという人は心の病気かもしれません。自分では原因が分からず、さらに悩んでしまうという人もいることでしょう。そのままにしているとどんどん症状が悪化してしまうこともあります。早急に専門科で診てもらった方が無難です。原因不明の体調不良は総合病院を訪れるか心療内科、精神科といったところを訪れることになります。総合病院には心療内科や精神科も含まれていることがあるので、手っ取り早く相談するには総合病院にかかるのもいいかもしれません。また、最寄りにこの手の病院や科がない場合には電話で相談に乗ってくれる心療内科や精神科を探してみるのもいいでしょう。最近はいろいろとサービス内容が充実しているところが多くなっています。専用のフリーダイヤルを設けているところもあるので、とても便利です。ただし、受付時間が決められているので、その範囲内で迷惑をかけないようにかけることをおすすめします。電話なら対面することもないので、知らない人とでも何とか話せるという人は多いものです。まずはどんなことに悩んでいるのか、症状なども詳しく話してみましょう。そうすることで気持ちがスッキリし、症状が緩和されることもあります。特にうつ病などの病気を発症しているわけではないのなら、たった一度の電話でも回復できることはあるのです。一人で悶々と過ごしているよりも有効的な方法と言えるでしょう。話の内容が重篤なことが判断された場合には受診を勧められるようになります。そうなったら受診してきちんと治療してもらいましょう。

Copyright© 2019 心療内科や精神科を受診できない時にはどうしたらいいのか All Rights Reserved.