心療内科や精神科を受診できない時にはどうしたらいいのか

サイトメニュー

受診せずに診てもらう方法

通話する女性 うつ病などの精神的な病気かもしれないと感じたら、すぐにでも心療内科にかかりましょう。それができないようなら、心療内科に電話で相談してみるのもいいかもしれません。通常、無料で行えるようになっているので便利です。

詳しく見る

受診前に手軽に利用できる

医者と看護師 電話で相談のできる心療内科や精神科があります。この手の科にかかったことのない人にとっては受診するとなると抵抗があることでしょう。それならまずは電話で相談してみるといいかもしれません。受付時間内にかけましょう。

詳しく見る

心のモヤモヤ解消

固定電話 電話相談窓口は気軽に利用することが出来るので、申込手続きなどをせずにすぐに連絡をして話を聴いてもらうことが出来ます。悩みの内容に応じて適切な窓口を選ぶようにすれば、解決への糸口もつかみやすくなることでしょう。

詳しく見る

受診できない時の選択肢

固定電話

受診できない時に活用できる

身内に引きこもりが居る場合、多くの人は家の恥と感じ世間には隠してしまうことがあります。しかし、引きこもりにはいろいろと理由があるはずです。中でも心の病気が原因で引きこもってしまう人は、まず、心の病気を治すことを考える必要があります。当然、本人が自力で心療内科や精神科にかかることはなかなかできません。そこでおすすめなのが、身内が電話で相談することです。最近は電話での相談を受け付けている心療内科や精神科が増えてきています。引きこもっている人を無理に病院へ連れて行くというのは大変です。受診できないのなら、電話での相談を活用してみるのもいいでしょう。もちろん当人だけではなく、身内などからも受け付けているので活用できます。これは引きこもりだけに限りません。心の病気を抱えている人はたくさん居ると言われています。学校や会社へ行くことができなくなってしまったという人は、ストレスが関係していることもあるはずです。原因を探るのは素人には難しいため、ここは専門医に診てもらうしかありません。また、病院へ行くことはできるものの最寄りに適切な病院がないということもあります。遠方までわざわざ足を運ぶのは大変です。それに心の病気の場合、すぐに改善するとは限りません。時間をかけて定期的に通院することが一般的です。そのため、あまり遠方の病院では通うのが億劫になってしまいます。そこでまず電話で相談してみるというのもいいかもしれません。通院が必要だと判断されれば、最寄りの病院を紹介してもらえることがあります。

心の病気は当人では気づくことがなかなかできないものです。また、身近に居る家族でさえも気づいてあげられないことがあります。よって、気づいた時にはかなり病状が重くなっていることも少なくありません。症状が重くなってしまうと通院治療では難しく、入院治療になることもあります。そうなってくると、改善するまでにもかなり時間がかかります。心の病気はできるだけ早く気づいて治療を開始することが大切です。当人でも友人でも何となくおかしいと気づいた時点ですぐに心療内科や精神科にかかるようにしましょう。それが難しいようなら電話で相談することも可能です。電話での相談を受け付けている心療内科や精神科を探してみましょう。外に出られなくてもインターネット接続環境が整っていればネット検索で探せます。電話ならかけられるという人も居ることでしょう。また、このように便利なものを活用することによって、症状が重くならずに済むことがあります。定期的に電話で相談することが改善に繋がっていくこともあるのです。受診しなくても軽度の症状なら改善する人も居ます。それに心の病気だとは限りません。誰でもストレスによって学校や会社に行きたくないという日はあるものです。体調不良が続き、やる気が起きないという時などに活用してみるのもいいでしょう。専門医と話をすることで悩みが解決することもあります。他人に心をさらけ出すことでスッキリした気持ちになれることもあるでしょう。ストレス社会と言われている現代だからこそ、活用できるものはどんどん活用した方が有効的です。

Copyright© 2019 心療内科や精神科を受診できない時にはどうしたらいいのか All Rights Reserved.